篠田麻里子、新ドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」出演♪制服警官姿&ロングヘアを披露♪その役どころは?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

篠田麻里子が新ドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」に出演決定。

初制服警官姿と普段とは違うロングヘアを披露し、意気込みを語った。

yjimage (14)

ドラマの内容は

主人公の藤堂比奈子(波瑠)は警視庁刑事部捜査一課に配属された新人女性刑事です。

彼女は驚異的な記憶力を持っており、普段は日々発生する書類をファイルにまとめるなどの作業をしており、ここで数々の事件に関係した人物の名前などを記憶していたのでした。

そんなある日、ある事件が発生。

比奈子の記憶力を買われて、厚田巌夫(渡部篤郎)の指示のもと現場に同行することを認められることに。そこで目にしたのは口にブリーフを詰め込まれて下半身が血だらけの凄惨な変わり果てた人の姿だったのです。

この人物は宮原秋雄で、以前に強制わいせつ罪で前科ありの男。さらに、3年前に発生した女子高生の命が奪われるという事件の容疑者でもあったのでした。

このことから、宮原をやったのは女子高生を知っている関係者が復讐のためにやったのではないか…そう思われました。

しかし、宮原の首には自分で首を絞めた跡があり、他殺ではなく異常行動で自害したのではないかという疑いも。さらに、しかし、本来人間は自己防衛本能が働くので、このように自害することは難しいのではという見解。

ある日、同僚の交通課・仁美が合コン帰りに警察署に戻ってこないことを心配する比奈子。すると、近くの公園で若い女性の変死体が見つかったという報告が…。現場に駆けつけると変わり果てた仁美の姿が。

この事件をきっかけに比奈子は一連の事件の犯人を必ず逮捕するという意思が強くなります。

その後、ハヤカワメンタルクリニックの中島保(林遣都)と比奈子が出会い、事件の大きなヒントを得ることになり、真相に近づくことになります。

人間の自己防衛本能を覆すことができるスイッチ「ON」が大きなキーポイントに…。

Sponsored Link


篠田麻里子が演じるのは

比奈子の同僚の交通巡査の鈴木仁美役。
明るく社交的、異性との出会いを求めて合コン三昧。
署内の事情にも詳しく東海林泰久(横山裕)が違法捜査に手をだしているという噂も知っていて、東海林に気をつけるよう比奈子に注意を促すという役どころ。

yjimage (15)

原作は、「第21回日本ホラー小説大賞」読者賞受賞した『ON』をベースにドラマオリジナルストーリー。
作品自体はミステリアスサスペンス。
本当に目を覆いたくなるくらいの猟奇犯罪です。どんな感じでドラマ化されるのか?
楽しみですね(^^;

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。