トヨタ新型SUV「C-HR」の日本発売はいつ?ライバル車種は?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

トヨタ新型SUV「C-HR」

トヨタが、プリウス、86、RAV4の良い所を集めた新型の小型クロスオーバーSUV「C-HR」が2016年内に発売されます。

gallery1

今年の春、車の買い替えを考え、ディラーを廻り気になる車はすべて試乗してきました。
買い替えを考えていた車が日産ジューク。
凄く良い車なんですが、家族4人、5人で乗車するのには、車内が狭いのがただ一つの不満でした。
同じクラスの車で車内が広めの車をと探してみたのですが、そこを考えるとやっぱり一回り大きなクラスになってしまいます。
ちなみに、試乗した車種は、ホンダのベゼル、スバルのXV、マツダのCX-3。
一回り大きい日産エクストレイル、スバルのフォレスター。
すると、予算がかなりオーバーになり、結局、予算を含めぴったりくる車には巡り合わず、現状維持で落ち着いたのでした。

そんな中、唯一心を惹かれたのが、マツダの SUV「CX-3」でしたが、価格が予算を超えてしまい(*_*;
「SKYACTIV TECNOLOGY」クリーンディーゼルのパワーと内装も気に入りました♪

ライバル車種は?

やはり、「C-HR」のライバル車種は、正にジュークからの乗り換えを考えた車、ベゼル・CR-3・ジューク・XVとなるのでしょうか(^^♪

そこで、トヨタの「C-HR」の日本発売の情報を 少し調べてみましたが、車の性能を並べられてもよくわからないので、試乗出来る日を待つだけです。

 

トヨタ公式のデザインコンセプト

(以下、トヨタ自動車公式サイト&GAZOOより抜粋)

TOYOTA C-HRは、トヨタ独自のエモーショナルなデザイン表現により、軽快さと力強さが大胆に融合した個性際立つスタイリングを実現。意のままの走りを実現する走行性能のほか、アイポイントの高さを生かした「見通しの良さ」や最適なドライビングポジション、優れた安全性など、クロスオーバーに求められる基本要素に加え、高い環境性能も追求。グローバル市場において、独特な存在感を持つコンパクトクロスオーバーの確立を目指す。

出典:https://gazoo.com/news/article/st1/Pages/news_160301.aspx

デザインは、「センシュアル スピード‐クロス」をコンセプトに、SUVのたくましい足回りやスピード感あふれるボディ、大人の色気を表現し、新ジャンル・スペシャルティを追求した。ダイヤモンドをモチーフとし、コンパクトなキャビンとリフトアップ感のある薄いボディを一体化した多面体のような精彩なボディから、前後のホイールフレアが大きく張り出した構成により、圧倒的なスタンスの良さを表現。「キーンルック*2」や、その構成要素でもある「アンダープライオリティ*3」などのトヨタ独自のデザイン表現を進化させ、ワイド感と踏ん張り感ある鋭く力強いフロントマスクを創出している。

出典:https://gazoo.com/news/article/st1/Pages/news_160301.aspx

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。