ケンブリッジ飛鳥(陸上男子100リオ内定)の強さは肉体改造から

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

「第3の男」だったケンブリッジ飛鳥がリオ内定

陸上の第100回日本選手権男子100m決勝は
直接対決で過去4勝4敗の五分だった
桐生祥秀と山県亮太のどちらが勝つか?というレースだったが、
桐生が残り30メートル付近でスピードダウンし、
山県が逃げ切ると思われた瞬間に山県をとらえ、
わずか0.01秒の差で優勝。

ケンブリッジ飛鳥初V、3位桐生とリオ内定 男子100

写真・図版

写真・図版

写真・図版

男子100メートルで優勝したケンブリッジ飛鳥=西畑志朗撮影

 陸上の第100回日本選手権第2日は25日、名古屋市のパロマ瑞穂スタジアムでリオデジャネイロ五輪の選考を兼ねて男女15種目で決勝があり、男子100メートルはケンブリッジ飛鳥(ドーム)が10秒16で初優勝。2位には0秒01差で山県亮太(セイコー)が入り、桐生祥秀(東洋大)は10秒31で3位だった。勝ったケンブリッジと、すでに派遣設定記録(10秒01)を突破していた桐生が代表に内定した。

だが、勝ったのは第3の男だった。23歳のケンブリッジ飛鳥。日本人初の9秒台なら所属先から1億円のボーナスをもらえる約束もあったが、「正直、忘れていた。今回は絶対に勝つと決めていたので、その通りできてうれしい」と爽やかだった。

 

プロフィール

日本人の母、景子さんがジャマイカに旅行中に
ジャマイカ人の父、ジョージさんと出会い、
ジャマイカで誕生。
1993年5月31日生まれの23歳。
国籍:日本
身長:179cm
体重:78kg

2歳までジャマイカで暮らし、その後、大阪へ移住。
中学校:江東区立深川第三中学校
高校:東京高等学校
大学:日本大学(文理学部)卒業
現在:ドーム所属

妹:ケンブリッジ沙紗さん
ケンブリッジ沙紗さん、高校までやり投げで活躍していたようで、
2013年度の東京都高体連第一支部春季競技会などで4位。

Sponsored Link


これまでの主な戦績

中学3年時に関東中学校陸上競技大会と日本中学校選手権に初出場。
高校2年時に100mで10秒台に突入。
高校3年時8月のインターハイ4×100mリレー(2走)で高校日本一。
日本ジュニア選手権200mでジュニア日本一に。日本選手権リレーの4×100mリレー(2走)では40秒02の高校記録(当時)を樹立。

大学1年(2012年)

関東インカレ100mは1年生で唯一決勝に残り7位。200mでは2位、4×100mリレー(2走)で3位に入り、3種目で入賞を果たす。
日本選手権200mは初出場するも予選敗退・
世界ジュニア選手権は200mで準決勝敗退するも、4×100mリレーでは日本ジュニアチームの3走を務め、予選を39秒01のジュニアアジア記録で通過、決勝は39秒02で銅メダルを獲得した。
日本インカレでは200mでは1年生で唯一決勝に残り5位、4×100mリレーでは2走を務めて4位入賞を果たした。

大学2年(2013年)

東アジア大会200mで優勝し、自身初の国際タイトルを獲得。
4×100mリレーでは日本チームの3走を務め、大会記録と日本学生記録(混成)を樹立して優勝。

大学3年(2014年)
テキサスリレー100mで10秒27の自己ベスト(当時)をマーク。

大学4年(2015年)

織田記念国際GP100mで桐生祥秀らを破って初優勝。
ワールドリレーズ日本代表入りを打診されたが、脚の不安で辞退。
関東インカレでは、100m決勝のレース中盤で左ハムストリングスに違和感が出ながらも初優勝。
日本大学の選手としては1992年大会の井上悟以来、23年ぶりの100mチャンピオンに輝いた。

 

社会人時代

4月、ドームに入社。(2016年)

4月29日に行われた織田記念国際100m決勝で10秒35。
東京選手権100m予選で10秒35と、強い向かい風の中で好タイムをマーク。
東日本実業団陸上競技選手権・男子100m予選で自己ベストとなる10秒10を記録し、リオデジャネイロオリンピック参加標準記録を突破。

肉体改造

ジャマイカに短気留学で影響を受け肉体改造を!!
食事もコントロールし、体重を73kgから78kgに増やし、現在、体脂肪率は4%
けん3

日本人初の9秒台なら所属先から1億円のボーナスをもらえる約束もあると言う事ですし、
リオでは9秒台も期待出来そう!!
リオオリンピックでは陸上からも目が離せませんね(^-^)

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。