スマホ老眼の症状は?小学生も老眼に!!原因と予防法について

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

先日、テレビで「スマホ老眼」と言う言葉を耳にしました。
小学生でも老眼の症状が多く見られると言う事でした。
私は、既に年齢なりに老眼の症状があり、乱視と老眼の眼鏡を持ち歩き、不便を強いられています。
老眼とは、年齢とともに現れる物。だから「老眼」と言われているのに・・・
少し気になったので、調べてみました。

スマホ老眼とは?

スマホやタブレット、パソコンを長時間使用する事が多くなっている近年、若年層にも老眼の症状が起こっている。
目に近い一でスマホなどを長時間見るとピントを合わせる能力が落ちて、遠くは見えるのに近くが見えにくくなる。
これがスマホ老眼。と言う事で、原因は、名前の通り、スマホやタブレットの長時間使用が一番の原因ですね。
まぁ、想像通りでした(・_・;)

症状は?

遠くはみえるが近くが見えにくい眼が疲れやすい、肩こり・頭痛など。

予防法は?

一番良いのは、スマホなどの使用をやめる事だとは思いますが、今の社会では、それは無理ですよね。
長時間の使用を避け、休憩を取り目を休め、遠くを時々眺めるようにするのも効果があるようです。

スマホ老眼予防の4つのポイント

■スマホ老眼予防4つのポイント
(1)スマホ使用時にスマホと目との間隔を40cmほど空ける
(2)スマホやPCを1時間利用したら10分ほど途中休憩を入れる
(3)こまめに瞬きする(モニターを見ていると瞬きの回数が普段の半分以下になる)
(4)ブルーライトの刺激を低減できるよう工夫する

(4)について、ブルーライトカットフィルターやソフト、メガネを使うか、スマホやPCの輝度を下げれば、低減させることが可能だ。初期設定のままだと輝度が高いため、少し下げるだけでも疲れにくくなります。

既に症状がある人の改善法としては、

時間のあるときに遠くを見る「遠方視」、電子レンジで40秒ほど温めた濡れタオルをまぶたに当てる「ホットアイ」、まぶたを上下左右にやさしくなでたりつまんだりして、まぶたの脂の分泌を促す「マッサージ」などだ

「100円ショップで売っている老眼鏡を使う方法もあります。目を閉じるよりも、目を休めることができます。+2度の老眼鏡をかけて(メガネ・コンタクトをしている人はその上から)遠くを眺めるだけで、目のピントが一度リセットされます」

 

Sponsored Link


スマホ老眼のチェック方法

●スマホ老眼かどうかわかるチェックリスト
□手元を見る作業が多いと疲れやすい
□手元を見ると見にくい
□スマホ・パソコンを1日8時間以上使う
□寝ても疲れが取れにくい
□夜寝る前にスマホを見てしまう

●結果
0個:現在安心ですが気をつけましょう
1個:スマホ老眼予備軍です。予防に努めましょう
2個以上:スマホ老眼の疑いがあります。予防・回復法を実践しましょう

 

□駅の時刻表や路線図が見にくくなった
□目の疲れと肩こりがひどい
□眼鏡を外すと文字が見えやすい
□片目を閉じると見えている方がかすんで見える
□夕方になるとものが見えにくい
□街灯やヘッドライトがひどく明るく感じる

□1日のうちでスマホやパソコン画面を見る時間が長い何個当てはまりましたか?
該当ナシが一番いいのですが、当てはまる項目が多いほど老眼の可能性が高く、4個以上当てはまる人はすでに老眼初期かもしれません。

 

メガネスーパーのオンライン老眼チェック

うちの子を見ていても、ゲームやラインなど、かなりの時間スマホをいじっています。
スマホが引き起こす現代病は他にもあるようです。
子ども達には親が気を付けていなければ、なりませんね(^^♪

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。