保育園・幼稚園探し! 転勤でたくさんの園にお世話になりました♪

この記事は3分で読めます

Sponsored Link

転勤族の保育園・幼稚園探し

結婚以来、転勤族ということもあり、
知らない土地で幼稚園、保育園を探し…

今は、5才の孫を持つおばあちゃんになり、
よくよく考えてみると、
長女・長男・孫と3人の子供たち
合わせて2つの幼稚園5つの保育園に通わせていた。
私は転勤先でも仕事をしていることが多く、
娘もシングルマザーとして仕事との両立
どうしても保育園に預ける事に。

新米ママの頃は保育園は自分が働くため
預けるところというイメージが強かった
ような気がします。

28年前ですが、2歳で
長女が入園したのは、私立幼稚園。
出産以来、初めて働くことになったが、
保育園の途中入園が難しく、私立の幼稚園で
延長保育・長期休みの預かり保育があるところを探し、2歳児で入園させました。
随分昔のことでその頃としては延長保育の
システムはとても有難く、その園ではフルタイム働くことが出きました。

園の特徴としては、音楽に力を入れていて、
ちょっとしたマーチングなんかを運動会で
披露してくれるのが、とても楽しみでした。

 

英才教育の無認可幼児園!!

13年前、
上の娘と年の離れた長男は、
転勤先で2歳児で入園。
保育園探しのポイントは、自宅と職場が
遠いため職場の近くが良いのでは?と思い
調べ始める中、かなり目立つ保育園バスを
見かけ、早速見学に・・・
すると、なかなか良い感じ。無認可ながら
園児が200名を超え、
2歳児からリトミック、英語、
3歳児からは、絵画、体操、音楽などと
バラエティーに富んだ保育。

201410161714452909

良いか悪いかは個人の価値観!
私は大変気に入り入園を決めました
思った通り、発表会や運動会が素晴らしく、
子供の成長と能力に驚かされるばかり。
残念ながら、4歳児になる前に転勤で
転園することになりました。

保育園での音楽教育の影響か、
転園と同時にピアノを習いたいと、
わずか5年間ですが、ピアノを習い、
今でも一人で何かこそこそと弾いています。

 

転勤のため転園!

また、新しい土地で園探しです。
撤去先は結構な町中で近くには
たくさんの幼稚園バスが来ます。
ここでは、近くの子供たちが通っている
幼稚園に入園。

音楽に力を入れているとの説明でしたが
発表会も大々的にやっているわりに、
「うf~ん!?どうなの?」と言う感じでした。
幼稚園と言うと9時から14時くらいの
短い保育時間ですから、練習時間も保育園とは違うのかも。

そして、やはり幼稚園では、
保護者の出番や平日の行事が多く、
働く親にはちょっと荷が重いと感じました。
フルタイムの仕事に就くことになり、
この園での預かりでは無理が生じ、
1年ですぐそばの保育園に転園。

 

モンテッソーリ教育

転園先では残り1年、制服カバンも園からの借り物。
小さな無認可保育園でしたが、
モンテッソーリ教育に取り組んでいる園でした。
縦割りクラス、自分の活動を選び
自分のペースで活動、と言う感じで、
園児が遊ぶ玩具も特徴的な物だったのを覚えています。

因みに長男は男の子なのに、よく縫物をしていたようです。

モンテッソーリ教育については、漠然としか理解してません(^^♪

たった1年の保育期間でしたが、
小さな保育園のアットホームさが
印象的な保育園で、この保育園で卒園を
迎えられて良かったなと思います。

Sponsored Link


ヨコミネ式教育

孫は6カ月から保育園。
両親の都合で、現在3園目の保育園に通っています。

以前通っていた保育園では送り迎えに
母親が間に合わないので、祖母の私が送迎。
できれば母親が送り迎えをしてあげた方が
良いのではと、母親の通勤方向と同じ方向の保育園へ転園。

現在通っている保育園は、ヨコミネ式教育を取り入れています。
母親自身、そこにも魅力を感じての転園
だったかもしれませんが…

長男の時と同様、子供の能力・吸収力と成長に驚くばかり。

年中で、ひらがな、カタカナを読みます。
園では読書の時間もあるみたいです。
最近は足し算も。。。

ヨコミネ式で天才になるなんて事は
考えていませんが、時間の取れないママには少し安心かも!

運動面では、側転や逆立ち、ブリッジなど、
まるで体操教室に通っているみたいですね。

tokutyou_03

ヨコミネ式にスパルタ的なイメージがある
かもしれませんが、うちの孫はかなりの
お転婆娘、ちょうど良い感じです!

 

幼稚園、保育園を選ぶポイントは、人それぞれです。

新米ママの頃、幼稚園と保育園の違いは
保育時間と管轄が違う?くらいにしか思って
なかったのですが、子供たちや孫の園を探し
通わせているうちに園によってこんなにも
違いがあることを知りました。

待機児童などの問題もありますが、
可能であれば保育時間や場所だけではなく、
自分たちの生活スタイル、教育方針、
そして何より子供に合う保育園・幼稚園探しを!!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 11.25

    Hello world!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。