生命・医療保険の給付金~後遺障害給付金申請知ってますか?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

後遺障害給付金って知ってますが?

腰椎・骨盤・踵の骨折で入院した際
加入していた生命保険と医療保険、傷害保険から
それぞれ手術、入院、通院の給付申請をし、
給付を受けました。

未だにリハビリ通院をしているのですが、
入院から1年が経過したころ、
家族型で加入している傷害保険会社から連絡があり
「後遺障害給付に該当するかもしれないので、申請をしてください。」と。

後遺障害保険金

急激かつ偶然な外来の事故によってケガをし、事故の発生日からその日を含めて180日以内に被保険者の方に後遺障害が生じた場合を補償します。

  • 後遺障害等級第1~14級のうち第1~7級に掲げる保険金支払割合(100%~42%)を適用すべき後遺障害に限定してお支払いします

腰椎をボルトで固定しているので、
該当の可能性があるらしい
早速、給付申請の為、書類をそろえ(半年目の診断書・レントゲン・申請書)申請。

長い事掛け金を払って来てるのだから、
他の保険はどうなんだろう?と
保険の契約内容と今回の怪我で頂いた
給付金の内容を改めて確認。

保険契約内容確認

・医療保険には後遺障害給付なし

・夫婦で加入している傷害保険では、
既に給付済(入院給付金同時に)
退院時の診断書での給付だと思います。

・生命保険の特約には、後遺障害給付あり
しかし、他社と同様、退院時に入院等の
給付金申請の診断書を提出しているのに
申請書の送付も連絡もありませんでした
申請中傷害保険会社からの給付があれば
こちらから尋ねてみようと考えていました

 

思った以上の給付金がおり、
その給付に対する評価についても
詳しく通知が来ました。
後遺障害保険金:併合第10級にて認定

無職になってしまい、
リハビリ通院を続けている私にとって
本当に有難い事でした。

と言うことで、連絡のない保険会社へ
電話で問い合わせをしてみたところ
「申請書を送ります。」
「他社さんは、どういう評価だったのか?」
と尋ねられました。

私の方も、
「他社さんからは退院時の診断書から
通院や後遺障害の案内を頂いたのですが
御社ではどうなっているのですか?」
と尋ねてみました。
すると、
「当社では連絡等はいたしておりません」との事。
一番高い保険料を支払っている会社
だったので、ちょっと立腹気味でしたが
申請をしてみる事にしました。

病院への診断書の申請も二度手間でしたが
やはり、
後遺障害保険金:併合第10級にて認定
後遺障害は認められ給付を受ける事ができました。

手術や入院通院給付金は知って
いましたが、後遺障害等の給付対象になる
事はないと考えていたので、
保険会社から申請の案内がなければ、
給付を受けることは出来なかったと思います。

保険の内容と自分の怪我の状態を知って
いなければ、保険料の掛け捨てになって
しまうと感じました。
保険会社によって、加入者への対応サービス等も違うようです。

いざと言う時の為に準備・加入している保険です。
内容をしっかり理解し、確認して加入しなければいけませんね。
掛け捨てにならないよう!
大きな病気や怪我を安心して治療できるように!!

皆さんも、今一度ご家族で確認してみてください♪

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。