腰椎骨折・骨盤骨折・踵骨折で入院5カ月!その後のリハビリと後遺障害

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

 転落事故~手術

一昨年、秋の事ですが、
2階からの転落で怪我をしました。
それほど高さはなかったと思うのですが、
落ち方が悪かったのでしょう
複数骨折で救急車で病院へ。

レントゲン、MRI、の結果、
腰椎破裂骨折、骨盤骨折、踵粉砕骨折。
もう、とにかく痛くて痛くて一人では動ける状態ではなかった。

骨盤は保存、腰椎と踵の手術をする事になったのですが、
大きな総合病院の為でしょう
手術まで、10日の待ちでした(>_<)

 

手術後~骨盤骨折は保存治療

手術後は、腰と足の固定で動くことは出来ない上、
手術ではなく保存で治癒を待つ骨盤が痛く
下半身を動かす事が出来ない
勿論、トイレは行けず、尿道カテーテルに
オムツと言う状態でした。

オムツだと緊張して、なかなか模様しません。
それにオムツを替えるためのに、
身体を横向きにするのにも激痛。
週に2回、下剤を飲んで無理やりという日が続きました。
約3週間、痛みを堪えながらですが、
車いすからの移譲が可能になり、
まずは、トイレで用がたせるように練習をしました。
術後、約ひと月ほどでトイレをクリア!!

骨盤は2カ月程で、痛みも軽くなり、
車いすで自由に動けるようなりました。

 

腰椎破裂骨折

00000001

腰椎は勿論コルセットで固定。
手術以来、全く痛みは感じませんでした。
ただ、約3カ月半は、ハードのカチカチのコルセット。
その後、約1カ月硬い部分を取り、
少し軽くなったコルセットを付けての生活。
病棟でも看護師さんが一番神経を使ってるのも分かり、
診断的にも破裂骨折と聞き、
なんか絶望的な感じを持っていましたが、
今は、特に気にする事なく生活しています。

Sponsored Link


踵粉砕骨折

00000002

一番問題だったのは、踵の骨折でした。
術後、リハビリはするものの、
痛みと腫れ、変色、それに足裏の一部に感覚がない。
リハビリが苦痛な日々。
初めて床に足を付けたのは約2カ月半後
痛みと怖さで毎日のリハビリも憂鬱。
そんな中、明るく支えてくれたのは理学療法士さんでした。
リハビリを受けながらの毎日のおしゃべりはとても楽しかった(^-^)

とても体重なんてかけられない!!
と思いながらも、
理学療法士さんの厳しくも優しい
リハビリで何とか術後4カ月で
杖歩行の状態で退院しました。
入院期間は140日でした。

 

後遺障害~腰椎変形、踵の変形と疼痛

踵骨折の完治はないとの事(>_<)
可動域の制限と痛み、変形が残ってます
今も階段の下り、段差や傾斜、
砂利道などはとても苦手です。
朝一の歩きや色々な場面での動き始めには
痛みを感じ、ウォーミングアップが必要。
普段も一歩一歩に軽い痛みがあり、
これもこれから付き合っていかなくちゃいけないようです。

また、外から見ても足首は正常な足の1.5倍
靴のサイズもワンサイズアップ、
靴の形も選びます
今までのようにおしゃれな靴は無理
踵が少しでも高くなってる靴では
痛くて歩けませんし、靴によっては、
外側に倒れたような足つきになります
不便を感じながらも怪我から1年4カ月
日常生活にもどり、家事や買い物
犬の散歩も出来るようになりました。

作業療法士の娘は、
車いすでの退院になると思っていたらしく
今の状態は、本当に良い状態のようです。

怪我が理由で仕事も辞めてしまった今、
リハビリを兼ねて、旅行を楽しんだりしていますよ(^-^)
走ったり、跳んだり、無理になってしまい
腰も少し気にしながらの生活。
再就職はあきらめ、
医療保険の手術、入院、通院、
後遺障害給付金を元手に自分で仕事を
始めようと色々と勉強中です。
また、結果が出たら、記事に載せようと思ってます(*^^)v

後遺障害給付金についての記事

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。