犬のトレーニング3か月の結果は?アメリカンコッカーは室内犬!?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

こんにちは(^^)/

久しぶりにペットネタの記事です(^-^)

犬の学校でトレーニングを受ける事になったコッカーのはな(^-^)

ペットショップで彼女を見つけた時、とても目が大きく可愛いと息子と二人で一目惚れ!!

息子は学校から帰宅するたびにおねだりモード。

既に3匹のワンちゃんがいるので、真剣に考えましたが、小型犬にない大きな肉球と真ん丸の目に負け、ペットショップの店員さんからの、「3匹も4匹も同じですよ!」の一言に背中を押され、飼うこと。

名前を「はな」と付けました。

「アメリカンコッカースパニエルは、とても人なつこく、穏やかで気立ての優しい犬種で、むやみに吠えたり騒いだりすることもなく、自分の主人やその家族に対してとても従順な性格を持っています。

そのせいもあってか、あまり番犬向きではないという評価もあるようですが、それは、アメリカンコッカースパニエルが、家庭犬として、人生のパートナーとしてどれほど優れた資質を備えて アメリカンコッカースパニエルは、そうしたとても穏やかで知的な性格を持ちながら、とても好奇心旺盛で、遊びが大好きな一面や、さみしがり屋なところもありますので、もし飼い主になったら、家族みんなで一緒に遊んだり、できるだけ一緒にいる時間を作ってあげることが、この犬種の良いところをさらに伸ばす、大切な接し方と言えるかもしれません。」

 

これが、アメコカのほぼほぼ一般的な性格・性質の紹介のようです。

Sponsored Link


ところが我が家に迎えると、生活が一変しました!

他の記事にも書いていますが、何かあるごとにウレション、どこでもウンチ、その上、部屋中大暴れ。叱る声も聞こえてない様子。

DSC_0329

この子を部屋の中で!? ありえない!想像できない!

でも、頑張らなくてはと部屋にゲージを置き、室内犬として生活を始めました。しかし、仕事から帰宅すると、ゲージの中はもちろん、周辺には、ウンチやオシッコ? 壁中に飛び散っていることが度々です。オシッコだけでもと思いオムツをする事にしたのですが、これまた、喰いちぎってしまい、ますます大変な事になり、ドッグトレーナに相談をし、3カ月間のトレーニングに出す事に(・_・;)

DSC_0258

トレーナーさんの話でも、ウレションはなかなか治らないらしいとの事で、あまり大きな期待は出来ないが、少しでも今の生活が変わればとの思いでした。

散歩も飼い主の前に出ないようにと私も一緒にトレーニング。

その結果は、「お座り」「待て」が出来るようになって帰宅。

やりっぱなしのトイレについては、私達が良いと思っていた広いゲージが良い事ではなかったようです。

部屋のゲージの代わりにキャリーケース(ハードキャリー)にすれば、毛も散らからないし、トイレも我慢するようになるとのアドバイス。それに何より犬にとっては広いより狭い方が安心感があるらしい。

このキャリーケースが大正解でした!!

DSC_0316

何度かのトイレの失敗はありましたが、1歳10カ月になったはな は、一日3回のお散歩でトイレを済ませ、キャリーケースで粗相することはなくなりました。

まぁ、落ち着きのない性格はあまり変わりませんが、天気の良い日は屋上で過ごし、天気の悪い日は、リビングで遊び、疲れたらキャリーケースでお昼寝というパターンが出来ました。

順番を付けてはいけないけど、私は、一番手の掛かったこの子が一番可愛いいのです(^-^)

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。