三口智也選手(近代五種リオ代表)の出身校・所属・経歴は?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

こんにちは(^^)/

リオデジャネイロオリンピック後半戦ですね。
について調べてみました(^-^)
近代五種競技については、朝長なつ美選手についての記事でも紹介していますが、
私達の身近にはないマイナーな感じの競技。
その競技名から5種の競技からなるんだろうなとくらいの知識でしかないのですが、
五種というのが、陸上・水泳・フェンシング・馬術・射撃と全くタイプが違う種目に挑むという過酷な競技です。

その男子近代五種競技代表の三口智也選手について調べてみました。

08086308

 

三口智也選手のプロフィール

21204682

名前:三口 智也(みぐち ともや)

生年月日:1986年4月26日(30歳)

出身地:和歌山県

身長:180cm

体重:67Kg

出身校:和歌山県立和歌山北高校

所属:自衛隊体育学校(3等陸曹)

家族:既婚者で小さなお子さんのパパ

3歳から競泳に打ち込んでいたが念願だった国体に出場できず、自衛隊から誘いを受け近代五種に転向。

Sponsored Link


水泳以外の4種目は初めての経験だったが、入隊2年目の2006年、早くも世界ジュニア選手権とアジア選手権へ出場。10年には全日本選手権を制した。
そして念願の五輪出場を決めた。「彼の運動能力なら、いずれは手にすると思っていました」と話すのは、北高水泳部の坂上裕昭監督。「水泳には他の競技は苦手という選手が多い中、彼は何をしても器用だった。走るのは当時はそこそこでしたが、ストライドが大きく、やれば伸びると感じていました」

 

 

pimg_6079_1_1

 

 

出場大会・成績

2006年:入隊2年目の世界ジュニア選手権とアジア選手権へ出場

2010年:全日本選手権優勝

2010年:ハンガリー、イギリスのワールドカップで決勝進出

2012年:全日本選手権2位

2014年:全日本選手権2位10年にハンガリー、イギリスで開かれたワールドカップで決勝進出

2014年:アジア競技大会で日本の団体2位入賞に貢献

2016:ワールドカップ第2戦 8チーム中3位

<混合リレー方式 三口智也(自衛隊)・朝長なつ美(警視庁)>

 

競技開始3年目で全日本選手権4位、そして4年目には初めて全日本王者なるほどの実力。
得意は水泳、フェンシングに安定感が増してきたと期待されている。

日本男子の過去の成績としては、北京オリンピックでの31位、ロンドンオリンピックでの22位。
リオでは日本人として過去最高の成績を期待したいと思います。
できれば、メダル獲得も・・・(^^)/

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 11.25

    Hello world!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。