ポケモンGOプラスで歩きスマホが減る?その機能とは?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

こんにちは(*^^)v

今、大ブームを巻き起こしている「ポケモンGO」ですが、
歩きスマホでの怪我や事故、
自動車運転中のスマホ操作での検挙など、
社会問題になりつつあります。

12_px250

そこで、今、発売を待たれているのが
「ポケモンGOプラス」です。
その機能を見てみると、
いつもスマホの画面を見ていなくても
光や振動で、ポケモンの存在、捕獲も出来るとの事。
安全面でも期待が出来そう(^.^)

任天堂から販売される予定の「Pokemon GO Plus」というポケモンGO専用アイテムにも注目したい。これは腕時計型のデバイスで、ポケモンが近くに出現した際にブルブルと震える便利なアイテムだ。単体での使用はできず、ポケモンGOをインストールしたスマホとBluetooth接続して使う仕組みだ。このアイテムがあれば、普段はスマホをポケットに入れて歩き、振動が起きたときだけスマホを取り出せばよい。スマートにプレーできるので、ぜひ入手したいアイテムだ。価格や発売時期などは明らかにされていないが、4000円前後で7月下旬以降の発売が予想されている。

クルマやバイクを運転中にポケモンGOをプレーするのは明らかな道路交通法違反であり、絶対にやめるべきだ。クルマを利用する際は、運転中にスマホを見ることはせず、あらかじめジムやポケストップなど目的地を調べておいてから現地に向かうこと。駐車違反にならない安全な場所にクルマを停め、ポケモンGOを楽しんでほしい。

出典:日経トレンディネット

 

 

「ポケモンGOプラス」公式サイトのお知らせ

7月下旬に¥3,500(税抜き)で販売予定だったが、
『ポケモンGO』公式サイトにて、
“ポケモンGOプラス”の発売時期を
2016年7月末から9月に延期することが発表された。

お知らせ

2016年7月末の発売を予定しておりました「Pokémon GO Plus」ですが、準備に遅れが生じておりますため、発売時期を2016年9月に延期することにいたしました。
発売をお待ちいただいているお客様には申し訳ございませんが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

Sponsored Link


 

「ポケモンGOプラス」の機能

スマートフォンに簡単接続
「Pokémon GO Plus」は、Bluetooth Low Energyでスマートフォンと連携し、『Pokémon GO』のゲーム画面から簡単にペアリング・接続することができます。「Pokémon GO Plus」は、スマートフォンがスリープ状態になっても、接続状態が保たれます。

ポケモンを捕まえる
ポケモンが近くに出現すると、「Pokémon GO Plus」が振動し、プレイヤーにポケモンの存在を教えてくれます。この状態で「Pokémon GO Plus」のボタンを押すと、ポケモンを捕まえられるかもしれません。ポケモンが捕まえられたかどうかは、ランプと振動のパターンで知らせてくれます。

『ポケストップ』に立ち寄る
『ポケストップ』の近くを通るときも、ポケモンが現れたときとは違うランプの色と振動パターンで教えてくれます。この状態で「Pokémon GO Plus」のボタンを押すと、自動的に、『ポケストップ』から道具を手に入れることができます。

「ぼうけんノート」で行動を確認
スマートフォンがスリープ状態の間に「Pokémon GO Plus」を使って行ったことは、「ぼうけんノート」で確認できます。どのポケモンを何匹捕まえて、どのポケモンに逃げられてしまったか、どんな道具を手に入れたのかなどの情報を、一覧して確認することができます。

 

ランプの光方にも数種類あるらしいです。

ポケモンが近くにいる時は、
真ん中のランプが緑色に発光し、
同時に振動して知らせるようです。

緑色に発光している状態で真ん中のボタンを押すと
モンスターボールを投げてポケモンを
捕まえてくれるかもしれないと言う事です。

捕まえられたかどうかは知らせてくれます。

捕まえられた時は、白色→虹色になり、
捕まえられなかった時は、赤色に光るそうです。

 

「ポケモンGOプラス」のメリット

スマホの画面を見なくても、
ポケモンの出現を知らせてくれ、
捕獲も出来ると言う点で、
「ポケモンGO」による歩きスマホや
運転中のスマホ操作の減少につながり、
安全に楽しく遊べるゲームとなる事を期待します(^.^)

 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 11.25

    Hello world!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。