Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/bluenote/blue-note3398.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/bluenote/blue-note3398.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/bluenote/blue-note3398.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/bluenote/blue-note3398.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

飛び込み王子トーマス・デーリー(英)の婚約相手は男性?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

こんにちは(*^^)v

リオオリンピックの注目イケメン選手の一人
トーマス・デーリー選手。

ジュニア時代から活躍していて、
世界水泳選手権では金メダル、
ヨーロッパ選手権では2つの金メダルを獲得している。

 

yjimage (6)

 

トーマス・デーリーのプロフィール

 

yjimage (3)

1994年5月21日生まれ
イギリス・プリマス出身
身長173cm 体重59kg
男子飛込競技選手

その甘いマスクから「飛込み王子」と呼ばれている彼が婚約していた!!

 

yjimage

 

2013年にYouTubeでバイセクシャルである事を告白。

当時から交際していたアメリカの映画脚本家(男性)と
2015年に婚約を発表した。

「年の差婚」といえる二人。
トーマス・デーリーは1994年生まれ、
ダスティン・ランス・ブラックは1974年生まれで、
年齢はなんと20歳差。

 

アカデミー賞脚本家と五輪銅メダリストのビッグ同性夫夫が誕生へ

アカデミー脚本賞を受賞しているアメリカの脚本家 Dustin Lance Black/ダスティン・ランス・ブラックと、ロンドン五輪飛び込み種目の銅メダリスト Tom Daley/トーマスー・デーリーが2015年10月1日、婚約したことを発表しました。

 

Sponsored Link


Having an awesome time at the #CapitalSTB with @dlanceblack 🙂 feeling very lucky ❤

Tom Daleyさん(@tomdaley1994)が投稿した写真 –


ユースオリンピックなど様々な大会で功績を残している中で、
周りの妬みからか、いじめの標的にされ、転校もしている。

2012年のオリンピックで銅メダルを獲得したが、
国民の期待の高さに、本領を発揮出来なかったと、
誹謗中傷の餌食にされ、
PTSD(心的外傷後ストレス障害)に
悩まされていたそうです。

2013年にドン底を味わっていた時に出会ったのが、ランスだったそう。「急に混乱から解き放たれた感じ。彼が大きな、本当に大きな支えなんだ」お互いに、プロポーズのための指輪を用意していたというロマンチックな話も。

 

続けて、インタビューにこう答えている。
ランスこそ、僕が飛び込みを続けている一番の理由だよ

 

自信を取り戻したトムは、間近に迫ったオリンピックを楽しみにしているとのこと。「今年570点を記録しているのは、僕と中国選手くらい。僕の参加した大会では、中国陣営はここ2回勝っていないから、ハットトリックをかまさないとね!」

 

男性との婚約には、驚かされましたが、リオでの活躍とイケメンぶりにも期待です(^v^)

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。